見出し画像

東大生に聞く!「スタートアップでインターンをするメリット」ってぶっちゃけ何ですか?【後編】

こんにちは。スリーシェイクです!
当社では2019年12月現在、エンジニアリング業務を中心に11名の学生インターンが活躍しています。東京大学・化学システム工学科3年の大久保健矢(おおくぼ・けんや)さんもその1人。1年ほど前、スリーシェイクへジョインしました。

実際に、大久保さんに入社のきっかけを聞くと「インターン先で企画力のある学生を探している」という友人からの紹介だったと言います。実際に始めてみて分かったメリットとは何だったのでしょうか?東大生の生の声を、Q&A方式・前後編に分けて紹介します! 前編はこちらから

Q. インターンを始めてみて、良かったと思うことは?
A. 「将来やりたいこと」や「理想の働き方」がクリアになってきました。


当社が1社目のインターンだったという大久保さん。

「それまでの大学生活は、中高時代の延長みたいな感じ。授業以外は友達と出かけたり、路上でバンド演奏をしたりと好き勝手にやっていました。『社会人になるために経験を磨く』なんて考えたこともなかったですね」(大久保さん)

しかし、インターンとして働き始めてから考えが一変。自分の得意不得意を再認識し、「将来やりたいこと」や「理想の働き方」が見えてきたと言います。

「例えば『事業企画やマーケティングの立案』、『ユーザーヒアリングやアライアンス先でのプレゼンテーション』、『プロダクト実装に向けたワイヤーフレームの作成』など、スリーシェイクでやらせてもらっている仕事はとても楽しいし、将来もやっていきたい。一方で、『これも成長につながるはず』と自分に言い聞かせながらやるルーティンワークはできるだけ避けていきたい。こんな風に「働き方や将来」に対する自分の価値観が明確になってきたというか。
やり遂げたいことも働き方もすべては『自分が幸せになる』ためのもの。その道筋をつくる“ものさし”がだんだん出来てきたと実感しています」(大久保さん)


Q. 他社でもインターンはしていますか?
A. スリーシェイクと並行して、動画投稿サイトの運営会社でも働いています。

2018年12月にスリーシェイクで長期インターンを始めた大久保さん。今年の夏は期間限定で大手SNS運営会社でのインターンを経験しました。
現在は、動画投稿サイトの運営会社でも働いています。

「実際に学生インターンとして働いてみて『いろんな会社でさまざまな経験をさせてもらえること』が今の強み。それに気づいてからはあえてスリーシェイクとは違う規模・業態のインターンにも参加するようにしてみたんです。すると、自分の経験値を上げるだけでなく、インターン先で身についたスキルが、別のインターン先でも活かせるようにもなって。例えば、夏に経験したSNS広告運用業務は、スリーシェイクの製品PRにも活かせることになりました。自分のためにも、会社のためにもなる。こんな嬉しいスキルの循環はないと思っています」(大久保さん)

画像1

Q. 1日の生活パターンを教えてください。
A. 特に予定を詰め込んでいた「ある木曜の1日」をご紹介します。

「基本的に予定を詰め込むのが好きなんです」と笑う大久保さんに、ある1日について教えてもらいました。

------------------------------------
【大久保さんの「ある木曜日」の1日】

7:00             起床
8:00~9:00     ジムに行き、体を鍛える
10:00~12:00 インターンへ
13:00~17:00 大学で授業を受ける
18:00~21:00 再びインターンへ
21:00以降    友人と食事

------------------------------------

大学の授業は週3回。それ以外は頻繁にインターンに参加しているという大久保さん。予想以上に多忙を極めているようです。

Q. ズバリ、将来やりたいことは何でしょう?
A. グローバル展開しているゲーム/エンタメ系のプロダクトチームにジョインして、将来的には自分自身でプロダクトを立ち上げたいです

大久保さんの趣味は音楽。ずっとバンド活動を続け、定期的な路上ライブも行なっているそうで、将来的には「音楽をベースとしたプロダクト」を、自分自身で1から立ち上げる経験をしたいと話します。

「今後はプロダクト立ち上げに関連する経験値をしっかり積んでいきたいと考えています。様々なジャンルの中で今一番興味があるのが、VR/AR + 音楽という組み合わせ。この領域で成果を出している企業やチームにジョインして、自己研鑽していきたら」(大久保さん)

自分の強みは「時代と呼応できる柔軟性」だという大久保さん。

「スリーシェイクの業務で、自分の強みをさらに磨くことができたと実感しています。時代の変化を肌で感じながら、素直に受け入れ、そこにマッチしたプロダクトやサービスは何なのかを日々考えることが今、本当に楽しいんですよね。
これからも、自らの可能性を狭めず、そしていろんな選択肢を捨てずに生きていきたい。同時に、どうしたらユーザーが幸せになれるのかを柔軟に考えていきたいですね」(大久保さん)


大久保さん、貴重なお話をありがとうございました!


written by CASTER BIZ recruiting

※エンジニアリングに関連する情報は、こちらのマガジンで発信しています!

まずは一度、未来に向けたエンジニアリングについて語りませんか?

スリーシェイクは、フラットで自走経営できるティール組織を作り、高い目標を掲げて成長しています。現在、複数の職種にて、共に働くメンバーを募集中!少しでも興味を持ってくださった方、まずは一度気軽にお話してみませんか?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
私たちは「インフラの世界をシンプルに、インフラの世界でイノベーションを」をビジョンに掲げ、リモート&ラボ型のSRE支援、データ分析プラットフォームを展開しています。特徴であるティール組織などを筆頭に、リアルな様子をお届けしていきます!https://www.3-shake.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。