見出し画像

上場企業からスタートアップへ!すべてを一新したら、次世代インフラの輪郭と自らのポテンシャルが見えてきた【転職ストーリー】


こんにちは。スリーシェイクです!今回は、2019年9月に入社した竹森幸輝(たけもり・こうき)を紹介します。
大手NIer(ネットワークインテグレータ)に新卒入社し、フロントSE・ソフトウェア開発者を経験、幅広い技術を身につけてきた竹森。未踏の領域だったパブリッククラウド事業に携わりたい一心で、転職活動へ踏み切ったと言います。
数ある企業の中で、彼が当社にジョインした決め手は一体何だったのでしょうか?入社の経緯から現在担当するSRE業務まで、幅広く話を聞いてみました!

発端は「パブリッククラウドへの強い関心」。思いも寄らぬスピードでスリーシェイクへ転職

――竹森さんの前職は、東証一部上場の大手NIerだったと聞いています。これまでどのような経験を積んできたんですか?

入社してからの4年間は、フロントSEとして四国のサービス拠点に在籍していました。業務内容は、お客様へのヒアリング・要望や課題に見合った製品の提案・設計構築・運用などのトータルサポート。幅広い知識や技術が求められる現場でかなり鍛えられましたね。その後、東京にある本社へ異動し、ソフトウェア開発に4年間携わりました。

――「ソフトウェア開発」というとても華やかな部署にいながら、転職を考えるようになった理由は?

私が担当していたのは、ベンダーとして取り扱っているネットワーク機器の「インフラを自動化する」アプリの開発でした。前職は基本的にオンプレミス環境を前提としたサービスを展開していたのですが、このプロダクトも同様で。開発を通じて、常々感じていた「近い将来、インフラ技術のメインはパブリッククラウドになる」という思いが確信のようなものに変わっていき、次第にその領域に飛び込みたいという気持ちが強くなっていったんです。そこで「パブリッククラウド技術に長けている」、「自社プロダクト開発を展開している」というこの2つの条件で会社を絞り、転職活動を始めました。

――スリーシェイクはどのように知りましたか?

代表の吉田さんから届いたスカウトメールで知りました。「パブリッククラウド技術を駆使したインフラ事業」と「自社プロダクト開発事業」を展開していて、まさに自分の目指す方向性とマッチする会社だと思い、すぐに返信しました。
面接当日は、吉田さんの話に心を動かされ、揺さぶられて。熱くなってつい「この会社に入りたいですっ!」という本心をぶつけてしまいまして(笑)。そこで色よい返事をもらえ、即内定となりました。
新卒で入った大手企業に8年間在籍していた身としては、思いもよらぬ急展開となりましたが、これも縁かなと。実際、非常にいい経験を積ませてもらっています。

画像1

「疾走感と自走性」が機会損失を回避している

――大手企業からスタートアップへ転職してみて、どんな違いを感じましたか?

やはり物事が進んでいくスピード感が全く違いますね。
例えば先日社内で、自分が担当しているSREプラットフォームサービス「Sreake(スリーク)」の代理店契約の話をしていた時。傍らで聞いていた吉田さんの「いいね!多くの企業に代理店になってもらって、どんどんサービスを広めていこう」という一言で即決したんです。以前の会社であれば、じっくり時間をかけて慎重に検討していた内容だったのですごく驚きましたが、きっとこうした意志決定の速さが多くの機会損失を回避しているんだろうなと。

金融系システムなど新規参入がなかなか困難だとされるインフラに対して、うちの会社がパブリッククラウドを提案し、実施へとつなげているその実行力も、こうした環境が後押ししているのかなと思います。

会社のスピードに追いつき、追い越したい。新たに湧き出た成長欲

――当社はフラットな関係性で自走経営を目指す「ティール組織」を採用していますが、そうした仕事環境にはすぐに馴染めましたか?

正直言って慣れるまでは大変でした。これまでは常に旗振り役である上司が存在していて、迷ったらすぐに指示を仰いでもらっていましたし、私自身インフラ技術の現場に携わるのもこの会社が初めてだったので。
一方で、このティール組織を採用し、個々の自走を促していることが、会社全体のスピード感につながっているんだと実感することも多々あります。自分もその一員としてしっかりと自走すべく、以前より勉強する時間を増やしました。

――「スクラム開発」についてはどうでしょう?

もともとはプロダクト開発のための手法であるスクラムを、SRE事業にも導入し、チームづくりのために試行錯誤するチャレンジングな姿勢に共感しています。加えて、毎日行われている朝会は個人的にすごくいいなと思っていて。特定のスクラムマスターを設けず、持ち回りでやっているので、ファシリテートの仕方からその週担当のスクラムマスターの考え方やスキル、個性をうかがい知ることができる。新人の私からすると非常にありがたい機会となっています。

インフラ運用のノウハウを自社サービスに集約。各社の負荷を少しでも軽減していきたい

――入社から2カ月以上経ちますが、自分自身に変化を感じることはありますか?

やはり技術力でしょうか。これまで知識しか持ち合わせていなかったインフラ技術、例えばTerraformやKubernetesに日々触れながら、徐々に技術を身につけているという実感があります。この2カ月でAWS上でのサービスの見通しや、基本設計、構築ができるようになりました。……といっても、周りのメンバーに比べるとまだまだひよっこではありますが、自分自身に成長やポテンシャルを感じられると、日々が桁違いに充実しますね。

――今後、スリーシェイクでやってみたことは何でしょう?

今、うちの会社が培ったインフラ技術をサービスとして広めていこうという動きがあるんですが、実施される暁には、ぜひそのアプリ開発に携わってみたいです。
社員の私から言うのも何ですが、やはりスリーシェイクが持つ技術力ってすごいなって思いますし、一方で実践してみて初めてインフラ運用の難しさ・奥深さを、身をもって知ることができて。「うちの会社のノウハウをシェアすることで、各社のインフラ運用の負荷を軽減できたらどんなにいいだろう」と心から思っています!

画像2


――竹森さん、ありがとうございました!

written by CASTER BIZ recruiting

※エンジニアリングに関連する情報は、こちらのマガジンで発信しています!

まずは一度、未来に向けたエンジニアリングについて語りませんか?

スリーシェイクは、フラットで自走経営できるティール組織を作り、高い目標を掲げて成長しています。現在、複数の職種にて、共に働くメンバーを募集中!少しでも興味を持ってくださった方、まずは一度気軽にお話してみませんか?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
私たちは「インフラの世界をシンプルに、インフラの世界でイノベーションを」をビジョンに掲げ、リモート&ラボ型のSRE支援、データ分析プラットフォームを展開しています。特徴であるティール組織などを筆頭に、リアルな様子をお届けしていきます!https://www.3-shake.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。