スクリーンショット_2019-08-01_17

TerraformでElasticsearch Serviceを3 Availability Zone構成で作成できるようになりました。


以前までは、以下issueのコメントの通り、Elasticsearch Serviceを3-AZ構成で作成するために正しいと思われるコードを書いてもエラーが出てApplyできませんでした。

そのため当時の私は2-AZ構成で作成した後、AWSコンソール上で手動で3-AZ構成にmodifyしていました。

ただ先日ふと同じissueを覗いたら、以下コメントの通りこの問題がFIXしていたようです。

そのまま引用しますが、AWS Providerのバージョン2.20.0でzone_awareness_configとavailability_zone_countという設定が追加されました。

# Example implementation - only showing relevant new configuration
resource "aws_elasticsearch_domain" "example" {
 # ... other configuration ...
 cluster_config {
   # ... other configuration ...
   zone_awareness_enabled = true

   zone_awareness_config {
     availability_zone_count = 3
   }
 }
}

TerraformのDocumentも更新されています。

zone_awareness_enabled - (Optional) Indicates whether zone awareness is enabled. To enable awareness with three Availability Zones, the availability_zone_count within the zone_awareness_config must be set to 3.

今後TerraformでElasticsearch Serviceを3-AZ構成を組む際は、zone_awareness_config内で、availability_zone_countを必ず3にセットするようにします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

sakai7000

インフラエンジニア

スリーシェイク note

エンジニアリングの話、組織の話、シンプルでイノベーティブな「インフラの世界」の話。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。